ホームぺージ制作~ブラウザの対応を考えよう~ – 女性向け・小規模〜中小企業ウェブサイト制作が得意 | 強みに特化。価値の伝わるホームページ制作は東北青森県八戸市エフディークリエイト 沼田 薫

ホームぺージ制作~ブラウザの対応を考えよう~

こんにちは!
地方青森県八戸拠点、全国からも選ばれるホームページ制作。
強みに特化しながら売りに繋げる戦略デザイナー沼田です。

今日はホームぺージ制作にあたりブラウザの対応について書いていきます。

ホームぺージ制作とブラウザの対応についての密接な関係について

ブラウザとはインターネットをする為のソフト。

  • IE(インターネットエクスプローラ)
  • Edge(Windows10搭載ソフト)
  • Safari(Macやiphone)
  • Google Chrome(スマホ・タブレット)
  • FireFox

があげられます。
ホームぺージを制作するにあたり、制作者は様々なブラウザで見ても同じような表示になるような作業が必要になります。

どういった部分が構築の上で大変なのか?

どういった部分が構築の上で大変なのか?↑↑あ、こちら私ではないですよ。イメージです笑

構築する上ではCSSという装飾をつかさどる言語を活用します。
この言語は日々できることが増えてきており、動きの要素やいちいち画像編集ソフトを立ち上げて加工せずともボタン等が作れたりと制作者と閲覧者、そして納品後更新をする人にとっても快適な環境へ整備されつつあります。

ただし、進化する上でブラウザの制限がでてくるのです。
特にネックなのがIE。
ネットを閲覧するうえで身近な存在ですが、CSSの制限が多いのがこちらのソフトなのです。

全ブラウザに対応すべきなのか検討しよう

閲覧者全員に同じように見てもらいたい。
そう思って当たり前のことだと思います。
しかし、全ブラウザに対応することでHPがとても重く閲覧者にストレスを与えてしまったり、動きやデザインに制限がかかってしまったり、画像がぼやけてみえてしまってはどうでしょうか?

現状、ネックであるIE10以下のブラウザの国内シェアは1%以下。
更にIE10以下はセキュリティ等のサポート機能も終了となり、更新を進めています。

と考えるとどうでしょうか?
IE11からの対応と取り決めて制作しても十分支障がないかと思います。

何かをする為には何かを捨てなければならない。
すべてを手に入れるというのはなかなか困難です。
理由をしっかりと押さえ取捨選択をしていきましょう。

当方は各ブラウザ最新バージョンでの構築を基本として制作しております。
以上強みに特化。徹底的にブランディングしホームページを作る、webデザイナー沼田薫でした(^^)/


ホームぺージ制作他取り扱いの案件につきまして、気になる点を分かりやすく納得のいくまでご説明させて頂きます。
現在青森県八戸市を拠点にHP制作をしております。
青森県八戸~岩手近郊の方は直接打ち合わせも可能でございます。
Skype等でも全国をカバーしておりますので、お気軽にWEBデザイナー沼田までご相談ください♪

お問い合わせはにつきましは
お問い合わせフォーム←こちらからお願いします(^^♪